>  > 結局は自分の気持ちかな

結局は自分の気持ちかな

風俗でどれだけ満足出来るのかは、いわば自分がどんな気持ちで女の子と向き合えるのかにかかっているような気がしますよね。それがとても大切なんです。だからすべてを女の子任せにするのではなくて、ある程度は自分自身の心の扉を開くことも大切になってくるんじゃないかなと思うんですよ。女の子だって人間ですし、心を閉ざしている人間に癒しを与えるのは難しいでしょう。それにどんなプレイが好みなのかはやっぱりコミュニケーションによって相手に伝えるものだと思うんですよね。こちらの仕草だけでこちらの快感のツボを当てることが出来る風俗嬢の方が稀というか。だから自分からも楽しむって点では、風俗は自分の気持ちだって満足感に関わる大切な部分なんじゃないかなと思いますよ。そう思えるようになってからは風俗がより楽しいかなとも思うんですよね。きっと風俗の上級者ともなればこういったことには当たり前のように実践しているんだろうなと思いますし。

力んでいるんじゃなく、自然

風俗は気合を入れて楽しもうと思っている訳じゃないんです。嫌いとかではなく、ましてや嫌々楽しんでいるとかではなくて、何が言いたいのかと言えば利用するためにホームページを何時間もチェックするとか、いろんなホームページを見てクーポンを探し回ったり、いくつものポータルサイトを見て比較して…ということはしないんです。あくまでもマイペースというか、抜きたいなって思った時にお世話になる。そんなスタンスで楽しませてもらっているんですよね。自分の場合、そのくらいの距離感で十分なのかなと思っているんです。それ以上距離感を縮めるとなればもしかしたら気持ちも変わってくるかもしれません。それに現実的にお金だってかかるじゃないですか。それよりもマイペースに利用しているくらいの方が全然飽きないし、またふと利用したくなるものなんですよ(笑)だから自分は風俗はあまり焦らず、自分のペースでお世話になるくらいが一番なのかなって。

[ 2017-05-25 ]

カテゴリ: 風俗体験談